W600のオフィスデスクについて解説します。

W600のオフィスデスクとは

 W600mmのオフィスデスク(つまり平机)が存在しますが、単純に1人1席用のデスクとしてこれを用いている事例は少々考えにくいといえます。なぜかといいますと、端的に、W600という横幅が小さすぎるためです。

 多人数オフィスにW600デスクの需要があるとするならば、対面対向式に配列させた“島”の面積調節や、もしくはプリンター台やパソコンデスクとして代替に使用されていると考えられます。

W600が構成する距離

 W600のオフィスデスクを対面対向式に配列したとすると、隣席者との距離もほぼ600㎜になります。パーソナルスペースの概念を用いてこの距離を考えると、「個体距離・近接相」、すなわち「互いの表情が読み取れ、また、手を伸ばせば相手を捕えられる距離」に分類されます。

 1人1席のデスクとして使用した場合、落ち着いて執務するには、ワーカー同士がちょっと近すぎるような気がしますね。

W600が構成する空間

 着席した状態でのワーカーの作業域は、一般に横方向には、通常で約1200㎜・最大で約1500㎜といわれています。W600mm×D700mmという机上面を持つ席に着きますと、横幅方向にずいぶん狭く感じられるかもしれません。

 広辞苑の通常版を卓上に広げた時の大きさが、概ね横450㎜×縦230㎜になります。また、パソコンのキーボードも、大きなものでは横幅500㎜ほどになります。ですのでW600のオフィスデスクは、辞書やキーボードを置いただけで、横幅の大半を占められるイメージになります。

 W600のデスクを席として用いる場合、オフィスチェアを机下空間に収納できない可能性がある点には注意が必要です。オフィスチェアの脚部分の幅は、基本的に600㎜を越えているのです。

 余談ですが、小中学校で用いられる学習机のサイズが、W600~W750となっています。とすると、W600は小学校中学年(3~4年生)までが使用するサイズに相当する事になります。

W1000未満のオフィスデスクの流通量

 中古市場に流通するW1000未満のオフィスデスクの割合は、オフィスデスク全体の0.5%ほどになります。なお内訳は、平机:パソコンデスク:その他=8:1:1、くらいになります。

 こういうサイズのオフィスデスクもある、というくらいにご理解いただければいいかと思います。
Copyright (C) 2014 オフィスデスク辞典 All Rights Reserved