W2800のフリーアドレスデスクについて解説します

W2400フリーアドレスデスクとは

 W2800以上になりますと、片袖机や両袖机はもちろんの事、平机も存在しなくなります。このためW2800のオフィスデスクとは、自ずからフリーアドレスデスクをさす事になります。

 フリーアドレスデスクのW2800天板の人気は、W2400に次ぐ二番手となっています。1人用オフィスデスクのサイズ別の人気が、1位・W1200 → 2位・W1000 → 3位・W1100・W1400 と推移している事を考えると、W2800がフリーアドレスの二番手に出ている事は興味深い逆転です。

W2800のスケールメリット

 “規模の利益(スケールメリット)”という言葉があります。フリーアドレスデスクもいうなれば、オフィスデスクのスケールを拡大する事によって、共用・集約・流動といった、固定席の仕組みでは得られないメリットを生みだしているデスク、と解釈ができます。
 この理屈で考えた場合、近しい性質をもつ2種類のサイズのフリーアドレスがあったとしたら、サイズの大きな方がより好まれるのも自然なことかもしれません。

 その一方、W2800より若干大きいW3000という尺のフリーアドレス天板がありますが、こちらは今のところ、流通量がさほどでもありません。スケールメリットとはいっても、単純に大きければいい、ともいい切れないようです。

70㎝と日本人

 標準的な日本人男性の腕の長さはだいたい70cmです。
 また、標準的なオフィスデスクの奥行きは70㎝です。
 このふたつの70㎝の間に、密接な関係がある事は想像に難くありません。

 また、最近のオフィスデスクは高さ72cmが一般的になりつつありますが、従来は高さも70cmでした。
 ところで、「人体寸法の略算値」というものがありまして、これによると、自分の体に適した“机面高”は、自分の身長の5/12だといいます。ここに成人男性の身長171cmと成人女性の158cmを当てはめてみると、それぞれ71cmと66cm…約70cmというわけです。
 さらに、もうひとつ。肘つきオフィスチェアの横幅、つまり肘から肘までの外幅を考えてみます。小ぶりに作られているオフィスチェアもありますが、概ねは60cmを越えています。このため、例えばW1200のデスクやテーブルでは、2脚が並んでは収納できない事になります。しかしW2800の会議用テーブルであれば、1辺に楽々と4脚が入ります。そしてもちろん、こういった肘の横幅もまた、日本人の体格を踏まえて設計されています。

 日本人の体つきは、ちょっとできすぎているくらい、70cmに縁があるのですね。

W2800は、いいとこ取り!

“割り”に便利なW2400に近隣のサイズで、W2400よりも少し大きいのでゆったりと使える。
 それでいて、日本人の体格に縁の深い70㎝の倍数でもあるので、使用感もフィットする。
 
 そういったところに、W2800フリーアドレスデスクの人気の秘密があるのかもしれません。
Copyright (C) 2014 オフィスデスク辞典 All Rights Reserved