W2000のオフィスデスクについて解説します。

W2000オフィスデスクとは

 W2000㎜の天板を持つオフィスデスクには2種類あります。平机と、フリーアドレスデスクです。W2000mmという横幅は個人で使用しきれるボリュームではありませんので、個人使用が前提である片袖机・両袖机のW2000は存在しないのです。

 ただしになりますが、市場の流通量から見る限りでは、「W2000はW2400の近隣サイズ」と認識されているように見受けられます。流通量が、W2000はW2400の1/10程度なのです。確かに、2人であれ3人であれ、共用してスケールメリットを活用するには、W2000では少々小さい気がします。

 ところで、W2000の平机とフリーアドレスデスクにはどのような違いがあるでしょうか?
 大まかにいいますと、次のように区分できます。

 ○対面対向式以外のレイアウト(壁づけ背面式)などにも使用できるのが平机
 ○対面対向式に特化しているが、横連結の自由度が高いのがフリーアドレスデスク

捕捉になりますが、オフィスデスク上の配線は、分散するよりも集約した方が効率が高まります。平机に比べてフリーアドレスデスクの方が集約性が高いので、配線の利便もよいといえます。

 平机であれフリーアドレスデスクであれ、W2000mmの天板(もしくはデスク本体)を搬入・搬出するためには、ある程度以上に大きな間口が必要になります。2階以上のオフィスであれば、W2000を搭載できるエレベーターか、もしくはW2000の切り返しができる階段がなければなりません。

W2000の平机とは

 W2000の平机を生産しているシリーズの数は、主だったメーカー8社の合計で7シリーズになります。W1800の40シリーズに比べれば激減しますが、W2400の平机が数シリーズのみである事を考えれば、比較的取り扱いが残っているといえるでしょう。

 W2000㎜という尺を持つ平机ですので、2~3名での共用が可能です。
 フリーアドレスデスクの設置やレイアウト変更が、施工や解体を伴うのに対して、W2000平机は搬入や移動だけで事が足ります。フリーアドレスデスクの簡易版といったイメージですね。

W2000のフリーアドレスデスクとは

 コンパクトな“島”でレイアウトしたい場合に、W2000は適しています。W1000と組み合わせて、W3000・W4000・W5000…といった“島”を構成する例が多く見られます。

 時間帯などによる人員の増減が多いオフィスでは、W2000よりもW2400を用いた方が無難かもしれません。
Copyright (C) 2014 オフィスデスク辞典 All Rights Reserved