W1800のオフィスデスクについて解説します。

W1800のオフィスデスクとは

 W1800というデスクのサイズは、個人使用デスクの大きさから共用デスクの大きさへ、まさに移行しているくらいのサイズになります。
 W1800の矩形オフィスデスクとして平机・片袖机・両袖机がありますが、W1800mmというサイズは個人で使用するには少々持て余します。他方で、では共用するにはというと、ひとりあたりW900㎜では、逆にちょっと小さいのです。

 このためか、W1800のオフィスデスクは、単体としては、より個人使用に向いた形状のL型デスクや、共用としては、天板を連結してより大型にするフリーアドレスデスクなどが多くなります。

 W1800の片袖机や両袖机は数シリーズのみ存在しています。なお、W1800を越える片袖机・両袖机は滅多にありません。一方、単体の平机も大型のものほど少なくはなっていきますが、最大でW2400までは存在しています。
 余談になりますが、W1800の平机は、デスクインワゴンがちょうど4つ収まる大きさになります。

W1800のL型デスクとは

 W1800のL型デスクには、「W1800-W1800」と「W1800-W1200」とがあります。
 L型デスクは“平机ふたつをL字型に配置し、コーナーデスクを置いた”ような使い勝手になります。座席を大きく動く事なく、ふたつの天板を用いて執務するイメージになります。ボディポケットが設けられていますので、直角部にもスムーズに入り込めます。下肢空間にデスクの脚はありませんので、自由度はたいへん高いです。

 W1800-W1800の場合、ワーカーがL型デスクに接する辺の長さは、約2000mmほどになります。横幅2000㎜のオフィスデスクをよりコンパクトに圧縮して使うのに近いイメージですね。
 ただし、W1800のL型デスクは、レイアウト上のボリュームも大きいものです。導入の際にはまずトライとして、W1600のL型から始めてみるのもよいかもしれませんね。

W1800のフリーアドレスデスクとは

 フリーアドレスデスクの1枚天板として考えて、1番使い勝手がよいのはW2400ですが、W1800もなかなかよい部類に入ります。例えばW3600を作る際には、「W2400+W1200」「W1800+W1800」の両方が考えられます。この場合の“割り”を考えてみると、W3600の片面を3人で使う時間が多いなら前者が、4人で使う時間が多ければ後者が、よりスマートだといえるでしょう。

 構成する“島”の大きさやレイアウト、および今後の移転計画などによっては、W1800の天板をメインに用いた方がより適切といえる事例があります。フリーアドレスデスクの導入や買い増しの際には、ぜひご検討ください。
Copyright (C) 2014 オフィスデスク辞典 All Rights Reserved