W1600のオフィスデスクについて解説します。

W1600のオフィスデスクとは

 オフィスデスクも横幅W1600以降になると、大型と呼んでいい域に入ります。ひとつの平机を2名で使用する事例もありますでしょうし、本格的なL型テーブルが登場するのもW1600からです。
 他方では、片袖机・両袖机の取り扱いはほとんどのメーカーでW1600までとなっています。また、オフィスデスクのオプション品である自立式配線ユニットの用意も、カタログ上ではW1600までとなっているケースが大半です。
 W1600を越える片袖机・両袖机・自立式配線ユニットの取り扱いがあるのは、それぞれわずかなメーカーに限られます。

 なお、自立配線ユニットを組み込んで対面対向式の“島”を構成した際に、もしユニットのダクト幅が200mmであれば、“島”の奥行きはD1600mmになります。この場合、“島”の上座位置に横づけする上長席には、W1600が適する事になります。

W1600が構成する距離

 W1600のオフィスデスクを対面対向式に配列すると、隣席者との距離もほぼ1600㎜になります。パーソナルスペースの概念を用いてこの距離を考えると、「社会距離・近接相」、すなわち、「互いに手は届きづらいけれども、会話は容易である距離」のイメージです。執務上のプライバシーを保てる距離といえそうです。

 デスクの奥行きをD700㎜であると仮定すると、デスクの天板は1600㎜×700㎜というサイズになります。
 着席した状態でのワーカーの作業域は、一般に横方向には、通常で約1200㎜・最大で約1500㎜といわれていますので、W1600mm×D700mmという机上面は、ゆとりをもって執務ができる大きさといえそうです。標準的な体格の男性(身長約171cm・腕の長さ約73cm)が着座したまま隣席に手を伸ばしたとしても、指先が境界に届かないくらいでしょう。

 W1600のオフィスデスクを2名で使用したとすると、隣席者との距離はほぼ800㎜です。こちらは、片方が手を伸ばせば、指先が届く距離になりますね。

W1600のL型デスク

 L型デスクにはW1600とL1800とがありますが、サイズバリエーションが多いのはW1600です。「W1600-W1200」「W1600-W1400」「W1600-W1600」の3種類が流通しています。他方、W1800ベースのL型デスクは、「W1800-W1200」と「W1800-W1800」がほとんどです。

 より天板の大きいL型デスクの方が使い出はありますが、レイアウトや動線計画が難しくなります。生産性向上を期してL型デスクを導入される際には、W1600-W1200もしくはW1600-W1400でのトライからご検討くださいませ。
Copyright (C) 2014 オフィスデスク辞典 All Rights Reserved