W1500のオフィスデスクについて解説します。

W1500のオフィスデスクとは

 W1500という横幅を持つオフィスデスクには、大きくいって、両袖机・平机・フリーアドレスデスクがあります。片袖机もなくはないですが、W1500の片袖机が生産されているのはごく一部のシリーズに限られます。

 W1500はW1400の近隣サイズという位置づけだと思われます。サイズ別の流通量を調べてみると、W1500はW1400の約1/9くらいになります。なおオフィスデスクの流通量は、W1000~W1400の合計が全体の約90%に上ります。W1400は日本人の体形にもフィットしていますので、W1500は「W1400を主とする従のサイズ」、という事になるでしょう。

W1500オフィスデスクの机下空間

 W1500オフィスデスクの存在意義ですが、両袖机から始まっていると考えられます。といいますのも、両袖机の流通量をサイズ別に見ると9割がW1400なのですが、W1400の両袖机では、オフィスチェアが机下に収納しきれないのです。

 袖机ひとつあたりの横幅は約400㎜ですので、W1400両袖机の机下空間の横幅はほぼ600mmです。オフィスチェアの5本脚の最大外幅は600㎜を超えます。また、肘つきオフィスチェアだった場合には、肘と肘の外幅を測ると、こちらも600㎜も超える事がほとんどです。

 こういった事情から、オフィスチェアをすっきり収納できる両袖机として、W1500のものがまず考案されたものと想像できます。これについては、W1400の片袖机がほとんどない事や、他方、W1100の片袖机が一定以上に流通している事なども、この推論を補強していると思われます。W1000の片袖机には、やはりオフィスチェアが収納されないのです。

W1500が構成する机上空間

 W1500のオフィスデスクを対面対向式に配列すると、隣席者との距離もほぼ1500㎜になります。パーソナルスペースの概念を用いてこの距離を考えると、「社会距離・近接相」、すなわち、「互いに手は届きづらいけれども、会話は容易である距離」のイメージです。執務上のプライバシーを保てる距離といえそうです。

  着席した状態でのワーカーの作業域は、一般に横方向には、通常で約1200㎜・最大で約1500㎜といわれていますので、W1500mm×D700mmという机上面は、ゆとりをもって執務ができる大きさといえそうです。標準的な体格の男性(身長約171cm・腕の長さ約73cm)が着座したまま隣席に手を伸ばしたとしても、指先が境界に届かないくらいでしょう。
Copyright (C) 2014 オフィスデスク辞典 All Rights Reserved