W1100のオフィスデスクについて解説します。

W1100のオフィスデスクとは

 本サイトでは、便宜上の理由で取り上げていませんが、オフィスデスクの横幅として、W700のものやW900のものが存在します。つまりオフィスデスクの横幅は、W600、W700、…、W1100、W1200と、W600からW1200までの間は100mm刻みで存在している事になります。

 W600  W700  W800  W900  W1000
 W1100 W1200 W1400 W1600 W1800 W2000
 W2400 W2800 W3000

 ただし、製品が存在している事と、その製品の需要が高い事とは、必ずしもイコールではありません。オフィスデスクのサイズ別の流通量を見てみると、W1000~W1400の4サイズの合計で、デスク全体の9割を占めます。W1000未満の流通量は、全体からすれば僅かです。

 一方、W1100の流通量は、オフィスデスク全体の20%ほどに上ります。一見、必ずしも切りのよくない横幅ですが、ある程度以上の人気を得ているといえます。

W1100が構成する机上空間

 W1100のオフィスデスクを対面対向式に配列したとすると、隣席者との距離もほぼ1100㎜になります。パーソナルスペースの概念を用いてこの距離を考えると、「個体距離・遠方相」、すなわち「互いの表情が読み取れ、また、双方が手を伸ばせば指先が届く距離」に分類されます。
 
 デスクの奥行きをD700㎜であると仮定すると、1100㎜×700㎜というサイズは映画館のポスターのサイズ(B1判:1030㎜×728㎜)にほぼ等しくなります。

 着席した状態でのワーカーの作業域は、一般に横方向には、通常で約1200㎜・最大で約1500㎜といわれていますので、W1100mm×D700mmという面積の机上面を持つ席に着きますと、横幅方向に若干手狭を感じるかもしれません。

 旧国鉄が行った車両運転操作の運動範囲の研究を参照してみましょう。
 「自由な操作の可能な有効運動範囲」である“操作域”の面積をオフィスデスク上に換算すると、およそW1200×D500となっています。これはW1100のデスクよりも広い事になりますので、机上面で腕を自由に動かす事を想定すると、W1100では(若干ですが)小さい、という事になります。

W1100はいいとこ取り!!

W1000とW1200の流通量を合計すると、オフィスデスク全体の50%を上回ります。

その中間であるW1100は、W1000よりもゆったりで、W1200よりもコンパクトです。 
そういったところに、W1100の人気の秘密があるのかもしれません。

また、W1000の片袖机では、肘つきのオフィスチェアが収納できない場合がありますが、
W1100以上であれば片袖机にもチェアがスムーズに収納できます。
Copyright (C) 2014 オフィスデスク辞典 All Rights Reserved