ダイヤルタイプは暗証番号をキーに用いて施錠・解錠するキーレス方式です。

ダイヤルタイプとは

 ダイヤル錠はさまざまなオフィス家具に用いられている、キーレスタイプの錠です。暗証番号はユーザーによって設定できます。仮に暗証番号を失った場合も、非常解錠キーや暗証番号検索キーで解錠できます(メーカーから取り寄せ、料金別途)。電源・電池一切不要のメカニカル式です。ユーザーはキーを持ち歩く煩わしさから解放され、管理者はキーの紛失等のトラブルから解放されます。

 オフィスデスクの錠としてダイヤルタイプが用いられる際は、片袖机・両袖机・脇机などの袖机に用いられます。なお、上段・中段・下段でそれぞれ別途にダイヤル錠が取りつけられている袖机もあります。

ダイヤル錠の種類

ダイヤル錠には次の3種類があります。

①切り替えタイプ
 暗証番号を設定できるダイヤル錠です。
 不特定の人が使用する場合の自由変換式と、
 特定の人が使用する固定式との切り替えが可能です。

②暗証番号自由変換式専用タイプ
 使用のつど都度、暗証番号を設定し施錠します。
 不特定の人が使用する場合に適しています。

③暗証番号固定式専用タイプ
 設定した暗証番号を継続的にします。
 特定の人が使用する場合に適しています。

オフィスデスクとダイヤル錠

 袖机やワゴンはユーザーへの属人性が高い収納家具です。一時的に、「属人管理下にある重要書類」が収納されるシーンもままあるのではないでしょうか?

 シリンダー錠の場合はキーを常に管理していないといけません。複製キーを用意し上長に預けておく事も可能ですが、上長の不在時などに対応できない事例も想定されます。
 暗証番号は、基本的に“紛失”する事はありませんので、その点のリスクは軽減されます。その一方、暗証番号の管理は新たに勘案すべき事項になります。人間の記憶力には一定の不確かさがありますし、かといって生年月日など安直な数字を用いると、ダイヤル錠のセキュリティレベルも低下してしまいます。
 このため、暗証番号には他者が容易に連想できない数字を用いた上で、暗証番号を紙に出力、ないしは部署の共有フォルダで管理する、といった外部管理が必要になります。キーや暗証番号の管理については、介在するものがモノ(キー)であるか情報(暗証番号)であるかの違いがあるだけで、管理の要諦は同じといえそうです。

 余談になりますが、施錠の際のアクションだけ取り出すと、ダイヤル錠タイプの方がアクションが少なく済むようです。シリンダー錠タイプは鍵を取り出す・挿す・回すと3アクションが必要ですが、ダイヤル錠タイプであれば暗証番号を乱すだけで済みます。
Copyright (C) 2014 オフィスデスク辞典 All Rights Reserved