デスクサイド収納には、車輪のついたものとついていないものとがあります。また、シングルタイプとダブルタイプもあります。

デスクサイド収納とは

 デスクサイド収納は、高さをオフィスデスクの天板高さと合わせた収納家具のうち、執務者の横に配置して用いるものです。収納の方式はオープン書庫もしくは引き違い書庫の形になりします。オフィスデスクとデスクサイド収納の組み合わせにより、簡易的なL型デスクを作る事ができます。また、対面対向式デスク島のエンドに外向きに配置すれば、オフィスデスクの天板と高さの繋がった、共用のデスク兼収納としても用いる事ができます。

デスクサイド収納と脇机の比較

 デスクサイド収納は、性格的には脇机と近しいところがあります。オフィスデスクとデスクサイド収納を組み合わせて簡易なL型デスクが作れるように、脇机は平机などと組み合わせる事により、簡易な片袖机や両袖机を作る事ができるのです。脇机は引き出し式の収納家具で、袖机が独立しているようなイメージの製品になります。

 デスクサイド収納も脇机も原則的に車輪のつかない据え置き式ですが、デスクサイド収納には車輪のついた仕様のものも存在し、これはデスクサイドワゴンと呼ばれます。脇机で天板が昇降する仕様のものは稀であるのに対し、デスクサイド収納およびデスクサイドワゴンの天板は昇降する仕様が一般的です。

 脇机はオフィスデスクの各シリーズに合わせて、デスクと同じシリーズ仕様で生産されています。デスクサイド収納・デスクサイドワゴンは各シリーズと同じシリーズ仕様ではなく、各メーカーともオフィスデスク一般に共通する汎用サポートツールとして、各シリーズを横断する単一のシリーズで生産しているようです。

ダブルタイプデスクサイド収納・デスクサイドワゴンの天板

 デスクサイド収納やデスクワイドワゴンには、シングルタイプとダブルタイプとがあります。ダブルタイプは単に幅がシングルのおよそ倍というだけでなく、横幅のスパンが中央でふたつに仕切られてているのです。
 ダブルタイプの天板は、本体の横幅スパンの半分側にだけ据えられています。本体の天板がない側は、オフィスデスクの天板下に差し込みます。シングルタイプであれダブルタイプであれ、簡易L型デスクの天板の一部として作用するのはシングルぶんという事になります。なお、天板は本体に向かって左右のどちらにも付け替える事ができます。

デスクサイド収納・デスクサイドワゴンの収納力

 袖机・脇机・デスクインワゴンは引き出し式であるため、外寸に対して有効内寸の割合が低くなります。これに対しデスクサイド収納・デスクサイドワゴンの内部はオープン書庫式であるので、引き出し式に比べると有効内寸が高めになります。また、棚板の高さは書庫と同じように変更ができます。
Copyright (C) 2014 オフィスデスク辞典 All Rights Reserved